女性の生涯経験人数は増えている

昔の女性は、結婚前に男性とセックスの経験が一切なく、処女の花嫁が一般的でした。
むしろ経験がある女性は傷物として扱われて結婚が出来ないか、条件の悪い結婚の話しかこない、そんな世の中だったのです。
そして結婚をすれば、離婚したくても離婚すら出来ない世の中でした。
そのためとにかく結婚生活を耐えるしかなかったのです。
なので、女性が生涯セックスをする相手は、夫ただ1人という女性が圧倒的に多かったのです。
しかし今の世の中、生涯経験人数が1人という女性の方が稀です。
結婚前にも恋人を作りセックスをする事は当たり前です。
好きな人とセックスをするだけなら驚きませんが。好きでない人とでもせふれとしてセックスをする事も珍しくありません。
そして結婚前に遊んで、結婚後は大人しくなるのか?というとそうではありません。
結婚後にも今後は不倫として夫以外の男性とセックスをする関係になります。
そのため女性が生涯何人ぐらいの男性と経験していると思いますか?
経験人数に関しては、男性は知らない方が幸せだと言えます。
ですが、確実に昔と比べて増えている事は言うまでもありません。

女性は寂しいとせふれと作る

一人でいる夜が寂しくて眠る事が出来ない。
そんな夜を過ごした経験はありませんか?
恋人がいれば、恋人と一緒に過ごす事が出来ます。
ですが一人暮らしで恋人もいないと、一人の夜のやり過ごし方がありません。
そんな時に女性は特にせふれを作りたくなるそうです。
好きな相手ではなくても、一人でいたくない時に一緒にいてくれて、優しくしてくれるのであればセックス込みでも構わない。
むしろセックスをする方が人肌で温める事が出来、一人ではないと実感出来るのではないでしょうか?
また自分が誰かに求められているという事は自己肯定にもつながるのかもしれません。
そのためせふれサイトでは恋人と別れたばかりで寂しい、慰めてくれる男性を募集中なんて女性は狙い目です。
ただし寂しがり屋の女性は精神的に依存心が強い傾向があります。
セックス依存症も依存心が原因です。
ただこの場合はただセックスをするだけでは満たされず、身体だけでなく心まで求めてくるため割り切ったせふれ関係には不向きな女性です。その点は注意しなければ面倒な事に巻き込まれてしまう可能性があると言えるでしょう。